東京生活を楽しんでいましたが、ロンドン移住することになりました


by onoz223

イギリス恋愛もよう

思い出しついでに・・・。

イギリスといっても、大学という狭い世界(しかも奇人・変人・社会的不適合人物が多いといわれるケンブリッジです)ですが、恋愛見聞録です。

イギリスの男の子・・・噂に聞いてはいたけれど、ほんとにシャイな人が多かったです。
映画・ドラマを見ていても、アメリカものと比べるとシャイ度が顕著。アメリカものは、目と目が合って、たいてい30秒後には他人だった男女が一緒に寝ている。(現実の世界は違うだろうけど・・・!!)が、ブリジット・ジョーンズの日記のマーク・ダーシーは、映画が始まって1時間後にやっと告白。そこからゴールインまでも遅くて、現実の世界を反映してるように感じます。
a0008493_055656.jpg
恋愛もようは、かなり間接的でした。ジェーン・オースティン的というか、人づてで誘う、というパターンが多かった。

日本の伝統的遊戯(??)The ニラメッコ を友達に伝授してるところ・・・クラブにて。→



社交の場であった大学のラウンジにいると、知り合いが、
『あそこにいる僕の友達が、君の事をを気に入ってるんだけど』
とか、
Jayant がいつになく神妙な顔で、話がある、と言うので川べりにいくと、
『●×が来月のパーティに君と行きたいと言っているけど、どう?』
と聞かれ、川の向こう岸を見やると●×が返事を待っていたりとか・・・・。

(大学はホレタハレタの世界だったので、誰にでも起こることでした。もてたわけじゃないですよー。男運さんざんでした。)

しかし、メッセンジャーを頼むのはリスキーなことかもしれません。
こんなこともありました。ジゼルの場合・・・
『私の友達のマークが、あなたと付き合いたいと言ってるの。マークはとても頭がいいし、いい人よ。でも自分に自信がないの。私なら絶対に彼とは付き合わないけど、あなたが彼とデートしてくれたら嬉しいわ。』
って言ったんです。こんなこと言われてハイソウデスカと承諾する人がいるか!!!ってかマーク、信用してる友達にこんな紹介のされ方してなんともかわいそう・・・でした。

こと恋愛に関してとなるとおくてな人が多かったように思います。
いつも生意気な口をきいている男の子が、初デートの前にすごく緊張してて、
『こういうことに関しては僕さっぱりなんだ。どうしたらいい?』
って聞いてくる(かわいい)。
ルックス的には、ぽっちゃり体型が好みの人が多かった!現実の世界でもそうだったけれど、ブリジットジョーンズといい、イギリスの人気ドラマ Office の登場人物といい、イギリス人が愛するヒロインはぽっちゃり体型が多いですよね。

イギリス時代に一番心魅かれた男性は直接的で、ぐいぐいひっぱってくれる年上の韓国男性でしたよ!
[PR]
by onoz223 | 2005-03-26 00:05 | over the River Cam