東京生活を楽しんでいましたが、ロンドン移住することになりました


by onoz223

スタバにて

今日は自分のPCを近くのスタバに持ち込んでみました。
有料ですが、クレジット決済でインターネットアクセスを得ることが可能、これは便利!

ビジネス街のオフィスビル内、午前9時前とあり、スタバは殺人的な混みようです。9時過ぎたら落ち着くかしら、、、。

私が新生活をスタートさせたのは、年末の旅行でも滞在した、Canary Wharf という開発したての高層ビル街です。落ち着きがなくて、いちばんロンドンっぽくない場所かも、、。私たちが一ヶ月だけ滞在する予定のアパートメントは、まさに高層ビル群の中にあり、行き交う人々のうち、100人中99人は磨かれた黒い靴をはいています。(残りの1人は私) はやく引越し先を見つけてここを脱出しなければ、、、汗

出発前の成田空港では、両親を別れる際に年甲斐もなくぼろ泣きしてしまいました。
出発の前日は、マックとリサがお別れを言いに来てくれ、彼らと別れた後、夫君と出会って以来初めて、夫君の涙を見ました。リサもぼろ泣き。私にとって、初めてのアフリカ系の女友達。
前々日は、misapitoっち、C姐さん、Mちゃん、花が滞在中のホテルまで来てくれました。寄せ書きをもらって、ちょっと照れるけれど、本当に本当に嬉しかった。大好きです。これからも、どうぞよろしくね。
時間に限りがあって、思うように友人たちと時間をすごせなかったのが心残り。会えなかった人もいて、とても残念だけれど、また次回、会いましょうね。
東京を離れることは、私にとって思った以上に寂しい体験でした。
飛行機の中でも、子供みたいに泣いてしまいました。

でも、もう、新しい土地に来てしまった。
また、自分の生活を作り出そうと思います。

当たり前ですが、テレビコマーシャルが全て英語だったり、店先で店員さんと話す自分の英語が外国人の話す英語であることを感じたり、「ああ、私は外国人になったんだなあ」と感じます。今までは夫君が外国人だったけど、今度は私が外国人になる番ね (笑)
こうなったら、外国人ライフを楽しんでやろう。イギリス人になる必要はないし。

そうそう、私たち、3人家族になりました。私と、夫君と、私たちのディッシュウォッシャー。即時に好きになりました、ディッシュウォッシャーちゃん。環境に悪影響があるのではないかという心配はありますが、、、

金曜日が祝日なので、今週末は3連休だそうです。お部屋探しに出かけます。

東京さん、今まで本当にどうもありがとう。あなたにはたいへんお世話になりました。
ロンドンさん、どうぞお手柔らかにお願いします。
[PR]
by onoz223 | 2006-04-13 17:27 | ロンドン移住準備