東京生活を楽しんでいましたが、ロンドン移住することになりました


by onoz223

カテゴリ:english( 25 )

ちょこっと

ずっと放置していたもう一つのブログに「英検記」アップしはじめました。

個人的すぎる経験記なのであまり参考にならないかもしれませんが、、、
[PR]
by onoz223 | 2005-11-27 15:43 | english

toeic

sleep paralysis翌朝にあった TOEIC テスト。
以前一度受けたことがあるのですが、スコアアップを狙って受けました。
結果、965点(去年)→ 980点! 
15点アップしてました★ やたっ 

最近苦しめられている別件も、こういくとよいのだけど、、、。
[PR]
by onoz223 | 2005-11-14 19:35 | english

sleep paralysis

昨晩のことなのですが。
ベッドにつき、眠りに入ろうとすると、突然頭部にぐぐっと圧力がかかり、「あっこれはやばい」と思ったときにはすでに遅く、体が動かなくなり、声が出なくなる。パニック状態になり、必死に声を出そうともがいて、やっと「う・・・うぉ・・・」と発声すると、夫君が驚いて反応し、そこでやっと金縛りが解ける。これの繰り返しが4回くらい続きました。
疲労を感じたのはもちろん、気味が悪くなりました。前からときどきこういうことはあるのですが・・・。今朝、夫君が「君が経験したのは、sleep paralysis って言うんだよ。めずらしいことじゃないから、心配することないよ。ネットで調べてごらん。」
と言ったので、その通り調べると、確かに、こちらのサイトにある sleep paralysis の症状が当てはまります。「部屋に他の誰かがいるような錯覚にとらわれる」というのもその通り。
ALC 英和辞典で調べたら、日本語名は 「睡眠麻痺、覚醒発作」・・・初めて聞いた~ これが「金縛り」の正体だったのね・・・。
今日は人生二回目の TOEIC だったのだけれど、sleep paralysis のせいで疲れた脳みそで臨みました・・・
[PR]
by onoz223 | 2005-10-23 18:23 | english
英語の小説を読んでいると、明らかに英語ではない表現やフレーズをよく見かけます。ラテン語だったり、フランス語だったりするようです。
ちょっと調べてみました。

→英語の中のラテン語リスト

↓こういうの、よく出てきますよね〜
a priori 「演繹的」
de facto / de jure 「事実上の/法律上の」←これはSATCでもよく出てきたフレーズですね〜
ad hoc 「特別の、その場限りの」
et cetera 「エトセトラ」
status quo 「現状維持」
vice versa 「逆もまた同様」

→英語の中のフランス語リスト

たくさんありますが...例えばこんな↓
avant-garde 「アバンギャルド」
déjà vu 「経験したような錯覚」
en masse 「ひとまとめに」
tête-à-tête 「差し向かいで、2人だけで」 
vis-à-vis 「向かい合って」

ちなみに私が好きな言葉は raison d'être 「存在意義」です。

...ときりがないですね〜。こういうのを覚えていくのも面白いですね。気取って使えたらなおいいけど!
[PR]
by onoz223 | 2005-09-25 21:56 | english

eye candy, toothache

明日はまた歯科医。病院づいてます。
ただ、ひそかな愉しみがあります。
待合室にある、リゾート雑誌(?)Seven Seas を読むのです。
雑誌じたいが好き、というわけではなく、(私は明らかにターゲット読者層じゃないしね・・・!)購読しているわけでもありません。ただ、旅先のホテルの部屋にたいてい置いてあるこの雑誌を手にすると、自分の居場所が非日常空間になるんです。(単純ですねー)
歯は痛いが、目には優しい歯科医さん。

eye candy という表現、どこかで聞いて気になっていた表現です。が、彼に聞いてみると、「聞いたことない」と。今日何かのついでで調べてみたら、アメリカ英語でした。意味は

something that is intended to be pleasant to look at but has no real meaning
[PR]
by onoz223 | 2005-07-28 17:04 | english

翻訳必須

夫に来た、スコットランド人の友人からのメール。発音に即して書いたようです・・・。

[Subject] Naw!
[Body Text]
Hi ***,
I'm no werking tha more!
Aye tis mad sh*t.
 (*には i が入ります。念のためこうしました)
We cannie wait 2 c yous!

標準語訳:
[Subject] No!
[Body Text]
Hi ***,
I'm not working tomorrow!
Yes, it's mad sh*t. (ロンドンのテロの話を受けて)
We cannot wait to see you!
[PR]
by onoz223 | 2005-07-10 10:37 | english

自己広報

日常生活で拾い上げたフレーズをとりあげている「+αの楽しい英語」更新再開中です♪
[PR]
by onoz223 | 2005-04-30 00:37 | english

a pair of old slippers

これはイギリス滞在中の話です。
ある日、新聞(多分 "Independent" )を読んでいて、ある殺人事件の記事が目に留まりました。覚えている限り、その内容は以下のような感じでした。

加害者は中年の女性、被害者はその夫。妻は、夫のメール履歴から、夫がアメリカ出張中に出会ったかなり年下のアメリカ人女性と不倫していることを知ってしまった。しかも、夫がその愛人に宛てたメール文章には、妻のことを、"like a pair of old slippers" と表現していた。このことに逆上し、妻はそのメールを"This is what I have to contend with."(
contend は争うなどといった意味です) という文章とともに夫の両親に転送し、その後、夫を銃殺した。

私はこの記事を読んで、もちろん殺人はひどいけれど、思わず加害者の妻の方に同情してしまいました。old slippers だなんて・・・しかも、よりによって若い愛人に。
この記事のことが頭を離れなかった私は、Formal Hall (私の留学先では毎週、ドレスコードありの正式なディナーが行われていました。参加は自由。)の席で隣になったイギリス人の男の子にこの話をしました。「男ってひどいね!」というような主観付きで。
すると、その男の子は、
「もしかして、その like a pair of old slippers って、『古くてぼろぼろ』っていう意味じゃなくて、『使い慣れて手放しがたい』っていう意味で言ったんじゃないの。だって、使い慣れたslippersって愛着があって捨てられないじゃない。だから、妻とは別れられないって。」
と思いがけない解釈をしました。古い物好きのイギリス人らしい発想・・・。
そう言われれば、それもありうる・・・のかな?もしそれが被害者の夫の意図だったら・・・。
しかし、そうならスリッパじゃなくて blanket とか teddy bear とかにして欲しいわ。
[PR]
by onoz223 | 2004-12-21 22:28 | english
ALC(www.alc.co.jp)がフリーで提供しているオンライン辞書「英辞郎」で調べものをしていたら、この言葉に出会ってしまいました。
supercalifragilisticexpialidocious
意味は、「すばらしい、信じられない」。この長さの方が信じられない!
何だこれ?と思って英語ネイティブに聞いてみると、映画「メリー・ポピンズ」の中の歌からできた言葉らしい。有名な歌らしく、質問を受けた人はいきなり歌い出してしまいました・・・。
こんな歌詞です。
[PR]
by onoz223 | 2004-12-17 00:00 | english

Captivated

今日はWYSIWYG (What you see is what you get=作成時のインターフェース上の作業がそのまま仕上がりになること)ツールで有名な Macromedia 社の新作、Captivate の説明会に行きました。
シミュレーション作成ツールなんだけど、問題集などのデジタルコンテンツ編集にも使えるらしい。作品名は「とりこにする」という意味をこめてつけたそう。けっこう魅了されました。Captivated!
ITツールのネーミングって面白い。
JAVA開発者がよく利用するフリーのツールに、 Eclipse と呼ばれるものがあります。意味は、天文用語の「日食」。
JAVAを開発したのは Sun Microsystems 社ですが、Eclipse は 「Sunを食う」という意味をこめてネーミングされたらしい。
アップル社のトレードマークは、かじられたリンゴ。これは、「かじる= bite」と、コンピュータの情報量を意味する byte をかけたものなんだそう。しゃれでトレードマークつくるなんて・・・粋だ。
[PR]
by onoz223 | 2004-12-02 00:44 | english