東京生活を楽しんでいましたが、ロンドン移住することになりました


by onoz223

カテゴリ:FRIENDS( 43 )

Hotel Rwanda

友人の花が誘ってくれたので、a0008493_18225270.jpg
を観に行きました。
1994年のルワンダでの民族対立による大量虐殺を背景に、実在したルワンダ人ホテルマンの戦いに焦点をあてた、ノン・フィクション映画です。
私の言葉は未熟すぎてこの映画をうまく表現できませんが、この映画に誘ってくれた友人に大感謝。
夫君には是非観てほしいけれど、もし自分に幼い子供がいたら、一緒に映画館に連れて行きたくはない。幼いうちに、世界に失望してほしくないので、、。
でも、もしご興味あらば、重いテーマの映画だ、と思わずに、質のよいドラマを観るつもりで映画館に足を運んでほしいです。実際、焦点が当てられているのは、大量虐殺ではなく、実在したポール・ルセサバギナ(wikipedia)という名前の、ホテルマネジャーのとった数日間の行動です。

「ミュンヘン」「シリアナ」といい、「ホテル・ルワンダ」といい、今年に入ってから、映画館の中で完結せず、観客に考えるきっかけを与えてくれる映画に恵まれています。

映画の前後は花とおしゃべり。
日本と韓国、2つのバックグランドを持つ彼女と、国に関係する話をしていると、自分がアジア人であることが、とても大切なことのように思えてくるから不思議。私の祖父は、若い頃、「教師の職がある」と誘われ、今の北朝鮮に移住したんです。が、戦争が始まり、徴兵されたため日本に帰国。戦争が始まらなかったら、祖父は日本に戻らなかったかもしれない、と思うと、不思議。で、花が教えてくれる北も南も混ぜたコリアの話に引き寄せられます。「○○人の感覚」って、実際に○○語を話したり、○○に住んだり、という経験がなければ、わからないので。
ま、国に関する話は、話題の豊富な妙齢の私たちにとってはほんの一部だけどね 笑 これからも、よろしくね〜。
[PR]
by onoz223 | 2006-03-20 18:52 | FRIENDS

この一週間

先週の金曜日の夜にロンドン行きが決まってから、あっという間に去った一週間でした。
(たんなる日記です〜)

More
[PR]
by onoz223 | 2006-03-04 17:38 | FRIENDS
昨日は女だけの新年会 featuring モツ鍋 in 銀座 でした。
内臓(もつ)を囲みながら我々の内面をシェアする、そんな会でした 笑。

メンバーは恵比寿忘年会メンバー+初登場のUちゃん。
Uちゃんは、保育園〜中学校まで一緒の地元友達。でもずぅっと仲がよかったわけではなく、連絡が途絶えがちになっていたんですが(主に私の筆不精のせい)、昨年、腹を割って話し合う機会があって、以前より深く交友するようになりました。

いい意味で自己主張が強く、それを表に出すことができる人を「プラス」の人とすると、私は人に合わせるタイプの「マイナス」の人です。周りに変に気を遣ってしまって(からまわり多し)、自己主張は二の次。で、プラスとマイナスで合うのか、大人になってから仲良くなる人にはけっこうな割合で「プラス」の人がいます。Uちゃんは間違いなく白黒はっきりしている「プラス」の人で、おまけに回転の速い理系頭脳を持っているので、ものすごーく違いを感じます。でも、その違いに惹かれるのですよね。
ちなみに夫君は私といっしょ、「マイナス」の人です。強く自己主張しないために損しているところがたくさんあると思うんだけど、それを損と思わない、ある意味得な性格の人です。笑

話は鍋に戻りますが、妙齢の女5人ですので、話す内容はモツ鍋以上にディープです。この歳になってくると、大なり小なり、みんな何かを抱えてるもんなんですよね。だからこそ共感できるしね。
「ビヨンセ」と「柔ちゃん」の共通点は「自分が何を欲しいかをよく知っている」ことだよねって話題のあとで、みんなの具体的な抱負と目標が飛び出しました。キーワードは「流れを変える」です。笑 この5人は、今年、勝負に出ますので。(と、言い切っておく)
[PR]
by onoz223 | 2006-01-23 20:46 | FRIENDS

Driving Mr Incredible

昨日は夫君と Mr Incredible と3人で食事でした。
Mr Incredible は夫君の大学の同級生で、お互い同じ業界に就職し、たまたま同時期にそれぞれの会社から東京に来ることになった因縁。なぜ Mr Incredible かというと映画 Mr Incredible を彷彿とさせる顔をしているから、、、。
a0008493_20395320.jpg

Mr Incredible は入るのがとっても難しいと噂されるG bankを、よりによってボーナス前に辞め、周囲を驚かせたばかり。六本木のマンションに別れを告げ、江戸情緒ただようところでリフレッシュ中。

「みんな、僕が転職する気がないと聞くと、理解できないみたいなんだ。僕の年齢(20代後半)だと、たいていマネージングをはじめて、出世階段をステップアップするもんだからね。」
(あー そうなんだー と出世階段の入り口にさえ来ていないことを改めて痛感する私)
彼もスコットランド人なのですが、時々面識のないアメリカ人からメールが来るらしい。内容は、

「家系図をたどっていたら、僕の○○(←ここには、曾祖父とか、曾々祖母、とか、大叔父とかが入る)はスコットランド人で、苗字から判断するにあなたと同じ家系です。僕たちは祖先が一緒です!」

というようなもの。たいてい苗字検索で彼のホームページにたどりついた人々らしい、、、 家系図って好きな人は好きなんだね〜
Mr Incredible はしゃべるのが大好きで、星のことから中国のことからしゃべるしゃべる。しかも、愉快なのよね。知識や洞察力に驚かされるだけでなく、笑っちゃう。いろんなことに積極的だし。Mr Incredible、夫君、私の3人のうち、Mr Incredible が80%しゃべってたねー。
 
帰り道、夫君に
私「Mr. Incredible と話していると、自分が頭悪くて面白くない人間に思える」(←そのとおりなのかもしれないが)と言うと、
夫「大丈夫。たいていの人間はそう感じるよ。僕もそう感じる!」(←競争心まったくなし人間)
私「でもさー 世の中は Mr Incredible みたいな人々がいっぱいいるんだよー 私、太刀打ちできない、、、」
夫「大丈夫。ほんの一握りしかいないよ。だから、彼は会社のエクスペンスで六本木の広〜い部屋に住めるんだよ。」
私「私もああいう風になりたいよ、、、でも彼にとってはあれが地であって、努力してああいう性格になれるもんじゃないんだよね」
夫「ほんとに彼は driven person だからねー」

driven person はじめてきいた表現だけど、超納得。いつも、何かに突き動かされている感じ。行動一つ一つにパッションがあるというか。
私はウォッカを飲まなければああいう風にはなれない、、、
次は PhD の道に進もうとしている Mr Incredible。Brave new world! って感じ?
しかしたぶんああいう人はどういう風に転んでも失敗しないんだろうなー。
[PR]
by onoz223 | 2005-12-02 20:53 | FRIENDS
昨日はコアラ君、Aさま、夫君と表参道のタイレストランへ行きました。
コアラ君&Aさまのカップルと会うのはいつも楽しみ。
コアラ君は「コアラ流スマイル」の持ち主の癒し系で、コアラ君と向かい合っているだけでこっちまでにこにこしてしまう。Aさまは、会うたびに衝撃を受ける才女で、引き出しの多さにいつもびっくり!今回も小説「2001年宇宙の旅」の映画にはないよさとか、Lord of the Rings DVDの隠し映像(マニアしかそのありかを見つけられない、、、)とか教えていただきました〜。コアラ君&Aさまのやりとりを見ているだけでじゅうぶん楽しいんですけどね。

a0008493_19514526.jpg二人と別れて、私と夫君は歩いて渋谷タワーレコードへ向かいました。お目当ては洋書フロア。結局一時間くらいいたね、、、。日曜なのにPM11:00まで開いてるというのがうれしい。

私はシルビア・プラスの日記(夫テッド・ヒューズが隠し持っていた部分も含むもの)か Zadie Smith の新作 "On Beauty" を買いたいなっと思いつつ、金曜に3冊買ったばかりだし、控えることにしました。代わりに(?)CDフロアで Fiona Apple の新作を購入。


a0008493_19533616.jpgそういえば、Zadie Smith もシルビア・プラスも、私のイギリスでの留学先に在籍していたという共通点が。二人とも留学中に知って、「留学の思い出に」と思って帰国直前にそれぞれの本を買ったのでした。Zadie Smith →

留学中といえば。
久しぶりに、ヘンリーのことを思い出しました。
留学当初、パーティでオリエンタルの男の子がいたので、『香港出身かな?』と先入観を持って「どこ出身?」と尋ねると、
「アーイム フロム グラ〜スゴゥッ」
とばりばりのグラスゴー英語で答えが返ってきて、軽くショックを受けたのが彼との出会い。修士課程で数学を専攻するヘンリーは、きっと勉強ができるのだろうけど、ほかの人より3テンポくらいずれている(私は1.5テンポずれてると自負)独特の行動パターンと話し方の持ち主で、みんなから「おもしろキャラ」とみなされていた。誰とも特別に仲良くなったりはしなかった彼だけれど、シュールなイギリスのドラマの登場人物のような愛すべきキャラだったような、、、。ヘンリー、元気かなぁ。
なぜヘンリーのことを思い出したかというと、今週末に観に行く予定のハリーポッターの新作に登場する Cho Chang 役の女の子が、中国系スコットランド人で、グラスゴー方面の出身なのです。ハリーの初恋の相手役にふさわしく、めっちゃかわいいです。
a0008493_19401652.jpg

いちばん左が Katie ちゃん。この髪型はどうかと思うが、、、。
[PR]
by onoz223 | 2005-11-14 19:58 | FRIENDS

かわいいお誘い

昨日の夕方、職場に届いたメール。

More
[PR]
by onoz223 | 2005-11-12 13:58 | FRIENDS
恒例になりつつあるとあるバーでの飲みにまた参加しました。気がつくと、そのバーには3つのグループの客がいたのですが、みんな夫君の会社の人たち。バーのオーナーも客たちと顔見知りで仲がよく、このバーはほぼ某社のサロンと化しています。私だけ部外者!

国籍の話題になったので、Jさんに「you は American じゃないのよね、New Yorker なんだよね」と振ると、「そのとおり!New Yorker は New York という国に住んでいると思ってるからね」。

そして、翌日、この考察を裏付ける証拠がJさんからメールで送られてきました。題して "The New Yorker's view on the World" 
雑誌 The New Yorker の表紙を飾ったイラストです。
ハドソン川の向こうには、なんとなくあやふやな荒野。そしてその向こうにはすぐ中国、ロシア、日本が見えます、、、。

a0008493_2350165.jpg


同じ New Yorker でも、中心地に住んでいない人たちは "the bridge and tunnel crowd" と呼ばれるそうです、、、google で調べてみたら、こんな説明が。

意味:
People who come into Manhattan for shopping or entertainment (by a bridge or the Holland tunnel) but who don't live there and are therefore judged to be unimportant by its residents.

Example:
Jane and her friends had trouble getting into the fashionable club because they were recognized as members of the bridge and tunnel crowd.

ひどくないか〜〜?

私はNYよりもカリフォルニアに行きたいな〜 ヒッピーのメッカだから!
[PR]
by onoz223 | 2005-11-11 23:56 | FRIENDS

tokyo girls

雨の月曜日。
敬愛する tokyo girls Nちゃん&Mちゃんと、こちらのインド料理レストランでお食事しました。今回のレストラン選びのテーマは「体によいもの」。ここはよい食材ばかりを使っているとある雑誌で紹介されていて雰囲気もよさそうだったので行ってみました。
ベジタリアンの夫君と外食するときは3度に1度の割合でインド料理なのですが、ここは今までに行ったことのあるインド料理レストランと雰囲気が全く違う!何が違うかというと、インドらしさが出ていなくて、どこかのホテルのレストランのようでした。アーユルヴェーダを取り入れているという食事も、辛みではなく、香りのためのスパイスが利いている感じ。

Nちゃん&Mちゃんとのトークはやっぱり面白い〜。やっぱり私たちの関心事は、一に恋愛、二に仕事。それと、欽ちゃん...じゃない、村上ファンドの話も出ましたね〜。私はこういう話に弱くて、Mちゃんに「ファンドと株ってどう違うの」とか訳の分からない質問してましたね、、、汗
2人ともますます綺麗になってる。「自分をよくしよう」という気持ちって顔に表れるよね。今夜2人と会って、何だか自分への課題が増えました。
そうそう、Nちゃんの話を聞いて、プライベートの保険に入った方がよいかなと思いました。国民保険で3割負担でも、入院すると一日数万円もかかるみたい。
年金、保険、不動産、、、こういうの考えるの苦手だけど、そうも言ってられませんね、そろそろ。
[PR]
by onoz223 | 2005-10-18 01:35 | FRIENDS

fellowship....

在英友人カップルのモナ(仮名)&APR(彼にはミドルネームが二つもある…)が家を購入したというニュースが。

More
[PR]
by onoz223 | 2005-09-20 14:55 | FRIENDS

恐怖のディナーパーティ

ど・どうしよう.....

日曜日、うちで合計5組のカップルとのディナーパーティーが決まってしまい... 私、作る人.... や、やばい。合計10人分の食事なんて作ったことないよ〜。

まったく同じメンバーで、以前、R君のおうちで同じようなパーティがありました。作ったのは、R君のGF、Aちゃん。(いや、この際Aさま) Aさまは、とても楽しそうに、少なくとも6品くらいの料理で私たちを迎えてくださりました....。
Aさまは国際的なレストランチェーンでメニュー開発やプロデュースのお仕事をされていたという背景もあるのですが...。Aさまの後で、やりにくいわー、というか、無理だわ。一品でも作れるか?

みんな気心知れている人ばかりなので、今更いいかっこしようとする必要もないのですが。
とりあえず野菜のスティックサラダとか(笑) あ、でもソース作んなきゃいけないのか。フライドポテトとか(笑)あ、でも揚げられない。
[PR]
by onoz223 | 2005-09-10 02:18 | FRIENDS