東京生活を楽しんでいましたが、ロンドン移住することになりました


by onoz223

カテゴリ:not so 新婚 旅行 '06( 15 )

culture tour in チェンマイ

ガイドさんがしっかり説明してくれたのに、忘れてしまいました、、、よって説明は割愛させていただきます!

チェンマイの山奥にある観光名所、ドイ・ステープ
a0008493_19355565.jpg


複数の動物が合体した珍獣、その名も MOM (笑)
a0008493_19363960.jpg


タイらしい光景だと思いました
a0008493_19372516.jpg


チゾウは昔からチェンマイの人々に親しまれている動物なのですね、、
a0008493_19423644.jpg


インドっぽい!
a0008493_1938303.jpg


ゾウのお絵描き。
a0008493_19393368.jpg

[PR]
by onoz223 | 2006-02-23 19:39 | not so 新婚 旅行 '06

big stuff in チェンマイ

まだモルディブの写真もUPしたいのですが、タイ写真もいっちゃいます。
大きいもの特集です 笑

ゾウの背中に乗ってトレッキング。1時間ほどでした。チェンマイの山岳地帯では、昔、材木を運ぶのにゾウを利用していたそうです。ここは Elephant Conservation Center という政府の機関です。
a0008493_18484736.jpg


母親と一緒にいた子ゾウ。いたずらっぽく笑っている気がする、、、。
a0008493_1843999.jpg


こんなポーズ初めてみた。どきどき。
a0008493_1843266.jpg


私たちの乗った気球です。
a0008493_18434579.jpg


気球からみたチェンマイの市街地。朝早いのに、たくさんの民家の人たちが家から出て来て私たちに向かって手を振ってくれました。サワディー・チャーオ!(チャーオ、はチェンマイの方言だそうです。)
a0008493_18442546.jpg

[PR]
by onoz223 | 2006-02-22 18:51 | not so 新婚 旅行 '06

Night time モルディブ

青いだけが海じゃない!
a0008493_1053115.jpg

特等席
a0008493_10532327.jpg

おうちに帰るのかな?
a0008493_10533536.jpg

月と違って太陽はいつも満ちてますね、、、
a0008493_10535350.jpg

隣の島から来たミュージシャン(?)たちと踊りました
a0008493_1054951.jpg

[PR]
by onoz223 | 2006-02-21 10:56 | not so 新婚 旅行 '06

Daytime モルディブ

Soneva Fushi 移動は自転車で!森から海へ
a0008493_912288.jpg

Soneva Fushi レストランはみんな海辺。ここでランチを食べました
a0008493_9122419.jpg

Soneva Fushi 夫君の憧れ:ハンモック
a0008493_9124955.jpg

Soneva Gili これからハンモックへの旅に行きます!プールみたいだけど海です。
a0008493_91328.jpg

Soneva GIli ハンモックへの旅スタート
a0008493_9132186.jpg

Soneva Gili ゴール!海のハンモック。ここまでたどり着くのにけっこう泳ぎました。
a0008493_9133477.jpg

[PR]
by onoz223 | 2006-02-21 09:17 | not so 新婚 旅行 '06
今回の旅は、夫君が「プライバシー重視」のホテル選びをしたため、必要以上の人との交流はありませんでした。出会った/たんに目撃したわずかな人々について記しておきたいと思います。

★ギフトショップのヤミ@モルディブ
リゾート内にあるギフトショップに行ったら、綺麗な女性スタッフが話しかけてきました。褐色の肌なのでモルディブ人かと思ったら、エチオピア出身と聞いてびっくり。オランダ人のご主人がシェフとしてモルディブのこのリゾートに来ることになったので、一年の予定でモルディブで新生活を始めたのだとのこと。ご主人とリゾート地を転々とする人生なんてのもあるんだなあ、、、。目鼻立ちのはっきりしたすごい美人でした。写真をとらなかったのが残念。

★レストランスタッフのイクー@モルディブ
モルディブ最後の夜のディナーでサーブしてくれたのがお話し好きモルディブ人のイクー。環境に配慮した設計のリゾートのシステムを説明してくれたり、質問をするたびに喜んで話してくれました。以前彼にサーブされたフランス人2人組は、すっかり彼と仲良くなり、毎年訪れるようになったそうです。welcoming な雰囲気を持った彼なので、そんなエピソードも納得。私も彼のような温かい雰囲気を持った人になりたいなーと思いました。

★イタリア熟女2人組@モルディブ
私たちは最初 Soneva Fushi というリゾートに滞在した後、同じグループによる別の島のリゾート、Soneva Gili に移りました。同じコースをたどったイタリア熟女とFushi ->Gili への移動が一緒に。彼女たちの自信にあふれた振る舞いと、高慢とも思われるリゾートスタッフへの態度に圧倒されました。彼女たちの行動パターンには、物怖じしたり、気をつかったり、ということはいっさい不要なんだろうなー。嫌悪を感じたり、自信にあふれた態度がちょっとうらやましかったり。

★ブルガリア人の子供たち@モルディブ
レストランで食事をしていたら、姉妹と思われる小さい女の子たちが私たちの隣のテーブルのイギリス人カップルに話しかけていました。こんな会話を又聞きしました。

イギリス女性「あなたたち、英語は話せる?」
女の子「うん。」
イギリス女性「どこから来たの?」
女の子「ブルガリア」
イギリス女性「外国に来たのは始めて?」
女の子「ううん!何度か行ったことがあるよ!」
イギリス女性「どうしてあなたの英語はアメリカ英語なの?」
女の子「おじいちゃんとおばあちゃんがアメリカに住んでいるから!」

こんな感じで、、、女の子は6歳くらいで、3歳くらいの妹と一緒でした。小さいころから二カ国語を話して、外国に行って、、、想像できない人生だわー、と小さな女の子をひそかにうらやむ私でした。

★イギリス1のお金持ち
ある日、海の向こうをみると、豪華な大型の船がありました。ホテルスタッフの話によると、オーナーはロシア人でイギリスのサッカーチームChelsea のオーナー、Abramovich氏。この人、もとはロシアの石油王で今はイギリスに住んでおり、BBCのこの記事によるとイギリス1のお金持ちなのだそうです。ご家族で船の旅をしながら、モルディブにも寄ったようです。この船のスタッフが食事に来るというので、ホテルのレストランにはいつもの二倍のテーブルが。8人の家族旅行に、60人のスタッフがついているそうです。肝心のAbramovich氏はその夜、チェルシーの試合があるというので、一足先に自家用ジェット機でイギリスへ帰ったそうで、チラ見はできませんでした。桁違いのお金持ちにの様子をちらっと垣間みました、、、
[PR]
by onoz223 | 2006-02-19 21:29 | not so 新婚 旅行 '06
お久しぶりです!
Soneva Fushi の次に移った島ではインターネットアクセスがなかったのでずっと日記を書けずにいました。

あっという間に時は過ぎ、長かった新婚旅行(入籍してからちょうど一年たっており、新婚でもないんですけどね)も今日で終わりです。昨日の夜にモルディブを発ち、今日はシンガポールに一泊しています。

私にとって今回の旅行のハイライトは、初めてのスキューバダイビング@モルディブです。陸からみたらただただ青いだけの水面の下に、あんなにカラフルでユニークな生き物がうようよしているなんて、ショッキングでした。あっけにとられていると、海がめがなんとも優雅に泳いでいるのに遭遇して、さらに感動。ちょびっとだけですが、いるかの姿も見ることができました。
また、陸では、プラネタリウムのような星空を眺めていたら、流れ星を発見!
自分が空と地(海も含め)の間に位置しているということをはっきりと意識することができました。

ちなみに、夫君のハイライトはモルディブのコテージを案内されている瞬間の興奮と(←独特)ゾウの背中での旅@チェンマイだそうです。

夫君とは旅行中ケンカもしましたが(とくに今日ね!!最終日なのに)、いろいろな経験を共有できてよかったなと思います。「なんてしゃくにさわる奴なんだ!」と思ったり、「なんてかわゆいのだ」と思ったり、不思議な存在です。
[PR]
by onoz223 | 2006-02-19 01:43 | not so 新婚 旅行 '06
朝早く起きて、Sea Plane (水上に離着陸する小型飛行機)で Fushi へ向かいました。マレ国際空港から45分ほどする島です。モルディブの島には3種類あって、①無人島、②地元の人々が住んでいる島、③リゾート用の島 です。リゾート用の島はたいてい1島につき1リゾートで、島全体がリゾート施設になっています。私たちが行ったのは Soneva Fushi というところ。英国人富豪の Sone氏が妻の Evaさんのために作ったリゾート、だそうです。Sone+Eva で Soneva。オーナーが英国人のためか(?)英国人観光客が多めです。Sea Plane は10人乗りくらいの小型。同乗したのは、Martin Clunes という英国のSit-com俳優とその奥さん&娘さんEmily でした。こういう人です。そんなに有名な人じゃないらしいけど、何だかどきどき。
島についてからは、ビーチ沿いに島を探検。海の向こうに近くの島がいくつか見えます。野うさぎ、カラフルな鶏、こうもり、たくさんのやどかり、とかげ、カニ、そして浅瀬にもたくさんの魚を発見しました。
[PR]
by onoz223 | 2006-02-13 00:19 | not so 新婚 旅行 '06
ホテルで朝食をとって、空港へ向かいました。さよなら、バンコク。本当の君のことを知ろうとしなくて、本当にごめんなさい。
タイは魅力的な国だと思うけれど、唯一魅力的でないのは空港だと思います。「微笑みの国」というニックネームが当てはまらない唯一の場所は空港ではないでしょうか。
少し時間があったので、空港内の書店で本を買いました。これが、意外にヒット!!50をすぎてからタイに移り住んだアメリカ人男性ライターのタイ暴露本その名も Thailand Confidential です。 タイに興味のある方にはお勧めです!!(ただ、独身男性としての経験がふんだんに取り入れられたエッセイなので、必要以上にタイの性産業の詳しい情報が載ってたりします、、、、)
バンコク発シンガポール行きに乗りました。機内で、映画 Just like heaven を観ました。数年前に出張で行って以来、久しぶりのシンガポール。アムステルダムに次いで大好きな都市です。今回は乗り継ぎだけ、空港内だけの短い滞在でしたが、人々(空港スタッフ)はフレンドリーだし、フードコートの食事は安くて美味しいし、空港内であってもここがシンガポールだと思うとウキウキします。ここからモルディブ行きの飛行機に乗りました。
到着したのは夜遅くだったので、空港近くのホテルに泊まりました。モルディブは、インド洋に位置するさんご礁の島々の総称です。全部で1,200(だったかな??)くらいの島があるそうです。国土のほとんどは海で、土地が少ないため、首都マレのある島は、世界でも有数の人口過密都市。海抜がとても低く、地球温暖化の影響で100年後には水没してしまうと言われています。人々は褐色の肌をしていて、近くのスリランカに近いのかな?イスラム教国で、モルディブ人の住む島では肩をおおっていた方がよいですが、リゾートでは水着でも大丈夫だそうです。
この日はただ寝ました。
[PR]
by onoz223 | 2006-02-12 23:37 | not so 新婚 旅行 '06
以前の日記です。コメントへのお返事はコネクションのよい日本に帰ってからさせていただきますね!!

名残惜しくもチェンマイに別れを告げ、バンコクへ向かいました。市内に向かうタクシーの車窓からバンコクの町を眺めましたが、高速道路の数メートル先にアパートの窓があることにびっくり。まずはホテルにチェックイン。The Peninsula に泊まりました。ここは市の中心から見てチャオプラヤ川の向こう岸にあって、スカイトレインの駅に辿り着くためには毎回ボートに乗らなくてはいけません。朝ごはんを抜いてモーレツに空腹で食べ物のことしか考えられなかったのでホテル近くにあるはずのインド料理やさん Indian Hut へ向かいました。ベジタリアンOKなので、、、。
歩いた場所が悪かったのかもしれません。すごい排気ガス濃度!!空気が、文字通り灰色でした。本当に灰色なんですよ!!マスクを持っていかなかったことを後悔しました。でも、その灰色の空気の中でも人々は屋台でご飯食べてる、、、。どうにかスカイトレインの駅まで辿り着き、キキに勧められたオープンしたてというパラゴンショッピングセンターへ行きました。映画館あり、デパ地下ありの巨大ショッピングモール。ショッピングのあとで、荷物をひとまずホテルに置いてから夜の街(噂にきくパッポン街、一度は見てみたい!)へと出かけよう、と意見が一致しホテルへ帰りました。
二人とも疲れていたので、「一時間昼ねしてから出かけよう」と、睡眠開始。
これが間違いだった、、、、

気がつけば朝でした。


がーん!!!
「え、バンコクで何をしたかって?えーとね、インド料理レストランでランチをとって、海外メーカー品ばかりのショッピングモールで買い物して、ホテルに帰って8時前には寝たよ! ・・・・・・・なんて、言えない、、、、」とは夫君。私も、言えない、、、、言っちゃったけど。 pathetic travelers’s guide to Bangkok でした。
[PR]
by onoz223 | 2006-02-12 23:08 | not so 新婚 旅行 '06

とつぜんモルディブ

毎日日記をUPしたかったのですがうまくゆかず、時間がたってしまいました。今、モルディブの海辺にいます。Soneva Fushi Resort & Spa というリゾートで、島全体がリゾートになっています。唯一インターネットアクセスのあるメインバーで、隣の島の人たちの演奏を聴きながらネットしています。わたしたちみたいなハネムーナーばかりかな、と思っていたのですが、家族連れが多く、イギリス、イタリア、フランスから家族連れで来ている人がほとんど。日本人のご家族もいました。すぐ近くに、Martin Clunes というイギリスの俳優とその家族が座っています!!
島の中には、トカゲ、カメレオン、うさぎ、にわとり、やどかり、などなど生き物があちこちに。
それではまた、、、、
[PR]
by onoz223 | 2006-02-11 23:41 | not so 新婚 旅行 '06