東京生活を楽しんでいましたが、ロンドン移住することになりました


by onoz223

カテゴリ:ロンドン移住準備( 15 )

スタバにて

今日は自分のPCを近くのスタバに持ち込んでみました。
有料ですが、クレジット決済でインターネットアクセスを得ることが可能、これは便利!

ビジネス街のオフィスビル内、午前9時前とあり、スタバは殺人的な混みようです。9時過ぎたら落ち着くかしら、、、。

私が新生活をスタートさせたのは、年末の旅行でも滞在した、Canary Wharf という開発したての高層ビル街です。落ち着きがなくて、いちばんロンドンっぽくない場所かも、、。私たちが一ヶ月だけ滞在する予定のアパートメントは、まさに高層ビル群の中にあり、行き交う人々のうち、100人中99人は磨かれた黒い靴をはいています。(残りの1人は私) はやく引越し先を見つけてここを脱出しなければ、、、汗

出発前の成田空港では、両親を別れる際に年甲斐もなくぼろ泣きしてしまいました。
出発の前日は、マックとリサがお別れを言いに来てくれ、彼らと別れた後、夫君と出会って以来初めて、夫君の涙を見ました。リサもぼろ泣き。私にとって、初めてのアフリカ系の女友達。
前々日は、misapitoっち、C姐さん、Mちゃん、花が滞在中のホテルまで来てくれました。寄せ書きをもらって、ちょっと照れるけれど、本当に本当に嬉しかった。大好きです。これからも、どうぞよろしくね。
時間に限りがあって、思うように友人たちと時間をすごせなかったのが心残り。会えなかった人もいて、とても残念だけれど、また次回、会いましょうね。
東京を離れることは、私にとって思った以上に寂しい体験でした。
飛行機の中でも、子供みたいに泣いてしまいました。

でも、もう、新しい土地に来てしまった。
また、自分の生活を作り出そうと思います。

当たり前ですが、テレビコマーシャルが全て英語だったり、店先で店員さんと話す自分の英語が外国人の話す英語であることを感じたり、「ああ、私は外国人になったんだなあ」と感じます。今までは夫君が外国人だったけど、今度は私が外国人になる番ね (笑)
こうなったら、外国人ライフを楽しんでやろう。イギリス人になる必要はないし。

そうそう、私たち、3人家族になりました。私と、夫君と、私たちのディッシュウォッシャー。即時に好きになりました、ディッシュウォッシャーちゃん。環境に悪影響があるのではないかという心配はありますが、、、

金曜日が祝日なので、今週末は3連休だそうです。お部屋探しに出かけます。

東京さん、今まで本当にどうもありがとう。あなたにはたいへんお世話になりました。
ロンドンさん、どうぞお手柔らかにお願いします。
[PR]
by onoz223 | 2006-04-13 17:27 | ロンドン移住準備

konnichiwa!

chikakuno hotel no business centre kara desu...

donika london ni tsukimashita!
genzai, canary wharf no corporate apartment ni taizai shite imasu.
internet access ga nai node, blog dekimasen... :(

demo, waitrose, tesco, marks & spencer ga 1-min walk ni atte benri desu...

ototoi no yoru london ni tsukimashita ga, jet-lag & hikkoshi zukarek & kaze de amari katsudo shiteimasen...

internet ga kaitsu shitara, mata up shimasune!

comments he no ohenji osokunatte sumimasen!
[PR]
by onoz223 | 2006-04-13 00:50 | ロンドン移住準備

届け書類

おかげさまで、ビザ(entry clearance)が無事発行されました。2年間有効の、配偶者ビザです。郵便で届いたのが、先週の金曜日。申請書類を提出したのが先々週の金曜日なので、わずか一週間弱で発行されたことになります。
は、早い!ありがとう、英国大使館〜。

今日は、区役所で転出手続きをとりました。夫君の分も代理で、と思っていたら、外国人は転出届けをする必要がないとのこと。で、私には、在外選挙の登録用紙が渡されました。在外選挙、、、ああ、日本を離れるんだなあ、、。
[PR]
by onoz223 | 2006-03-20 18:19 | ロンドン移住準備

kiss kiss

昨夜感じたこと。
ヨーロッパの人がよくやる、両方のほっぺに ちゅ、ちゅ、という挨拶。あれ、いまいち要領を得ない〜!ちゅ、とするときに唇で相手の頬に触れるべきなのか?それとも頬付近の空気にちゅ、とするべきなのか? 田舎者の夫君はわからないらしい、、。
自然にできるようになりたいもんです。
[PR]
by onoz223 | 2006-03-18 22:01 | ロンドン移住準備

留学時の友達

ロンドン行きを伝えていない英国在住の友人が何人かいる。

More
[PR]
by onoz223 | 2006-03-15 16:01 | ロンドン移住準備

アルコール一掃

a0008493_19461031.jpg
ボトルのアルコール類を一掃した。
夫君が独身時代に集めたものばかり、、。ジン、ウォッカ、テキーラといったおなじみのものから、ブルーキュラソー、グレナディン、ホワイト・カカオのリキュールなんてのもあった。ほとんどが、とっくに賞味期限切れ。
カクテル・シェーカーもあるけど、使ってるのほとんど見たことない、、。
そういえば、初めてこの部屋に来た時(付き合い始め)、ご丁寧にライム付きのジン・トニックが出てきたなぁ。
今はコップでワイン飲んじゃってるけどね、、
[PR]
by onoz223 | 2006-03-14 19:48 | ロンドン移住準備

ロンドン賃貸あれこれ

ロンドンの賃貸事情について少しずつ調べ始めた。
夫君は日本に来る前ロンドンで働いていたので、賃貸の経験はあるんだけど、渡英後すぐ仕事が始まるので、私も基本は知っとかないと。

日本での賃貸に比べて、交渉すべき部分が多そう!!
例えば、家賃、契約期間(契約期間はたいてい1年間なのだけれど、6ヶ月後に所定の事前通知があれば契約解除できるように、事前に交渉したほうがよいとのこと)、契約更新の際の家賃の値上げについて。
私も夫君も、権利をばしっと主張できるタイプじゃないからちょっと心配。

council tax ってのも初耳。いろんな税金があるなあ、、

*不動産総合サイト*
http://www.findaproperty.com/
http://www.propertyfinder.com/
http://www.ukpropertyshop.co.uk/
[PR]
by onoz223 | 2006-03-13 17:34 | ロンドン移住準備

本の処理

本を「持って行く組」と「持っていかない組」に分けてみたら、「持っていかない組」がかなり出た。そのまま捨てるのは、もったいない。
区の図書館への寄贈は一定条件があり、また、自分で持って行かなくてはいけない。
そして、本はほとんど洋書。
2カ所ほど洋書専門の古本屋を知っているのだけれど、いまいち使いにくそう。
で、Book Off の宅本便サービスを利用しようと思う。電話で問い合わせたところ、洋書でもOKとのこと。引き取りに来てくれるサービス。(ただし、50冊以上、という条件があります)
[PR]
by onoz223 | 2006-03-13 17:19 | ロンドン移住準備

情報収集など

長年自分と付き合ってわかったこと、、、朝起きて、「行くべき場所、やるべきこと」が真っ先に思いつかない生活というのは、私にとってはストレスになってしまうようです。「今週、仕事が忙しくてさ〜」という友人の一言がむしょうに羨ましかったりして、、、。出発までの一ヶ月、自分への課題を作って乗り切らねば。

今日買った本。
「地球の暮らし方 イギリス」
イギリス生活全般を網羅しているガイドで、かなり役に立ちそう!
留学時代は、学生しかいないような街での寮生活だったし、1年限定だったので、かなり限定されたイギリス生活だった。
この本にたまたま書いてあったのだけれど、pub は public house の略だ、なんて初めて知った、、、
日英物価比較がまとめられていて、なるほどと思った。例えば、

○食料は、英国の基本的な食料(パン、牛乳など)は英国の方が安い。日本食は高い。(まあ、当たり前だけど、、)
○交通機関は、英国の方が高い。地下鉄初乗り3ポンドって、、!タクシーの運賃は同じくらい。
○紙製品(紙おむつ、トイレットペーパーなど)は英国の方が高い。
○エンターテイメントは、英国の方が安い。映画、演劇、コンサート、美術鑑賞など。日本の映画鑑賞料 1,800円はやっぱ高いですよね〜

交通機関の運賃の高さは、ロンドン生活者のネックになっているようですね。カードをできるだけうまく利用してなるべく冒険したいなぁ。

今日から読もうと思う本。 "On writing" by Stephen King 夫君のおさがり。本棚の整理をしていて発掘!
[PR]
by onoz223 | 2006-03-12 23:20 | ロンドン移住準備

Fantastic 30

昨日は夫君の30歳の誕生日でした。2桁めの数字が変わる誕生日は、「節目」って感じがしますね。
近々サヨナラパーティをするだろうから(まだ全然設定してないけれど)、今回は誕生会はナシ。でも、夫君の友達であり私の息子(?)マックが「いつものバー」で簡単な飲みを設定してくれました。私はある理由で行けず。
マックから「来ないの?」と携帯メールが入ったので、
「今日から始まった生理痛の痛みにのたうちまわっており、行ける状態ではない」
と返したところ、その場に居合わせた数名が一緒に文章を読んだらしく、、。ハハ。

25〜29歳の時期を日本で過ごした夫君。今後しばらくは英国ですね。

誕生ケーキを写真にとらなかったので、甘いものつながりでモルディブ写真。

a0008493_13201596.jpg


これは何かというと、、、

a0008493_13204340.jpg


うっわ〜〜 チョコレート風呂です。この恥ずかしいベタなアイディアはすべて夫君のもの。私は最後まで反対だったんですよ!(主張)スパのメニューの一つで、その名も "Sense of Guilt"。ほんとに罪悪感感じました、、
ちなみに、ここのお風呂の排水は、ホテルの敷地内の植木や果樹園の水やりに使われるそうです。
[PR]
by onoz223 | 2006-03-09 13:25 | ロンドン移住準備